読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

妙心寺 天球院 拝観 @ 京の冬の旅 非公開文化財特別公開。

f:id:kazenokomichi:20160305211808j:plain

穏やかな1日となった三月初めの土曜日、京の冬の旅非公開文化財特別公開を見に、

妙心寺へとまいりました。

本日はほんとうに暖かくて、日中はコートがいらないくらい。

 

f:id:kazenokomichi:20160305211615j:plain

まずは「天球院」へ。

 

f:id:kazenokomichi:20160305212127j:plain

天球院は江戸初期に姫路城主・池田輝政公の妹、天久院によって創建されました。

 

f:id:kazenokomichi:20160305224841j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20160305212207j:plain

建立の際に、地中から球を掘り出したことから「天球院」と名付けられたそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20160305212303j:plain

そのせいかどうかは不明ですが、白い球の石がまあるく…。

 

f:id:kazenokomichi:20160305212410j:plain

ここにも。

 

f:id:kazenokomichi:20160305212449j:plain

ここにも…。

 

f:id:kazenokomichi:20160305212601j:plain

鬼瓦。

 

f:id:kazenokomichi:20160305212536j:plain

まるで何かを語りかけているようです。

 

f:id:kazenokomichi:20160305212638j:plain

明と

 

f:id:kazenokomichi:20160305212659j:plain

暗。

 

f:id:kazenokomichi:20160305214130j:plain

蝋梅、そしてお釜の鉢に咲いているのは…

 

f:id:kazenokomichi:20160305214727j:plain

寒咲き菖蒲(カンザキアヤメ)。

家に帰って調べてみると、花期は1月〜3月で、

まさに冬に咲くアヤメだそうです。

冬に咲くアヤメの品種があるとは初めて知りました。

 

f:id:kazenokomichi:20160305215435j:plain

花頭窓から見える方丈前庭。

 

f:id:kazenokomichi:20160305215849j:plain

さて、今回の特別公開で拝観したのは、この方丈障壁画。

(写真は絵葉書セット)

狩野山楽(さんらく)と、その娘婿の山雪(さんせつ)による障壁画。

この障壁画の絵がこの天球院で見られるのは、今回の公開が最後だそうです。

(京の冬の旅特別公開は3月18日までです。)

今後はすべて複製画と差し替えられるとのことでした。

「籬草花図(まがきそうかず)」、朝顔や鉄線、百合などが描かれています。

「竹虎図」、虎と豹が描かれています。

なぜ、豹が描かれたかと言うと、当時、中国からの輸入で

虎の皮に混じって豹の皮が入っていたそうで、

それが一回り小さかったので、豹が虎の雌だと思われていたとのこと。

「梅に遊禽図」。

立派な枝ぶりに孔雀や山鳩や小鳥たちが描かれていました。

 

あと、奥の廊下の天井は伏見城の戦いのおりの血天井になっています。

(源光庵と一緒ですね。)

まさかここで血天井に出逢うとは思っていなかったので、びっくり…。

 

(御朱印)

f:id:kazenokomichi:20160305221334j:plain

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20160229114221j:plain

↑これはスタンプラリー3個でいただいたクリアファイル。

天球院の襖絵の絵柄でした。

(京都駅の観光案内所「京なび」でいただけます。)

 

妙心寺の特別公開、続きます。

kyonokomichi.hatenablog.com

kyonokomichi.hatenablog.com