読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

妙心寺 霊雲院 拝観 @ 京の冬の旅 非公開文化財特別公開。

特別公開 御朱印

f:id:kazenokomichi:20160305225510j:plain

 妙心寺@「京の冬の旅」特別公開の続きです。

天球院を出た後、「霊雲院」へとまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20160305225652j:plain

霊雲院は「妙心寺四派」と呼ばれる「霊雲派」の本庵。

室町時代末期、妙心寺の第25世主持・円満本光国師(大休宗休)が

その師特芳禅傑禅師を勧請開祖として創建したお寺です。

 

f:id:kazenokomichi:20160305225536j:plain

 かつての本堂(方丈)は栂尾から移築したもの。

現在は元禄6年(1693)に再建されたもの。

南庭には、樹齢数百年の五葉松が植えられています。

重要文化財の書院は室町時代に建立。

銀閣寺の東求堂「同人斎」とともに、

簡素な初期書院造りとして、貴重な建物です。

後奈良天皇が度々行幸され「御座所」として使われたことから、

「御幸の間」と呼ばれた一室があります。

書院の前には石と石の間に滝に見立てた石が置かれた10坪ほどの

枯山水のお庭がありました。

 

ここは江戸時代のお庭を紹介した本にも載っていたそうです。

(「都林泉名勝図絵」だったかな? ←少々記憶が曖昧ですみません…。)

 

f:id:kazenokomichi:20160305225633j:plain

今回、山田無文老師による「京の冬の旅」の扁額も展示されていました。

山田無文 - Wikipedia

 

f:id:kazenokomichi:20160305225557j:plain

霊雲院の外観。

 

f:id:kazenokomichi:20160305225612j:plain

 静かで落ち着いた佇まい。

 

f:id:kazenokomichi:20160305225717j:plain

塀の屋根の装飾、金色ですね。

 

f:id:kazenokomichi:20160305225732j:plain

鐘楼。

拝観している時に一度、ゴーンと鐘の音が聞こえてきたのですが、

もしかすると、この鐘楼からだったのかもしれません。

 

(御朱印)

f:id:kazenokomichi:20160305225745j:plain

 

関連エントリー

kyonokomichi.hatenablog.com

kyonokomichi.hatenablog.com