読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

「光紡ぐ肌の ルノワール展」 @ 京都市美術館へ♪

f:id:kazenokomichi:20160330111707j:plain

先週の日曜日、京都市美術館で開催されている

「光紡ぐ肌の ルノワール」へ行ってまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20160330111938j:plain

ルノワールは「美しく描かなければならない」と語っていたそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20160330112101j:plain

確かにこうしてルノアールの作品を目の当たりにすると、

女性をこんなに柔らかく美しく描くのは

ルノワールしかいないんじゃないかとも思ってしまいます。^-^

彼はほんとうに女性を「美しきもの」として見ていたんでしょうね♪

 

f:id:kazenokomichi:20160330112707j:plain

ルノアール展の混み具合とチケットについて。

さて、気になるルノアール展の混み具合ですが、

日曜日の朝一番だったせいか、それほど混雑もなくゆったりと観賞できました。

モネ展と同時開催なので、どうやら人の流れは

モネ展→ルノアール展だったような感じがします。

(見た感じ、モネ展のほうが混んでました。)

以前にモネ展に行ったことがある方はその時のチケットの半券を見せると、

ルノアール展は割引になります。

またどちらもご覧になられる方は、セット券を買われるといいでしょう。

 

お土産♪

f:id:kazenokomichi:20160330113211j:plain

お約束の(笑)クリアファイル♪

今回はやっぱり猫ちゃん♪ ^-^

絵を観ている時には気がつかなかったけれど、

こうして二つ並べると、バックの色に統一感があるような…。

 

f:id:kazenokomichi:20160330113314j:plain

絵葉書…こうしてみると、ほんと見事に女性だらけですね。

(ま、今回はそういう趣旨の展覧会だったせいもあるけれど…。

男性は唯一左端の葉書のそれも端っこにしかいない…^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20160330113424j:plain

で、一番お気に入りの「桟敷席」の少女の絵が絵葉書になかったので、

図録を買いました。

あの少女の絵、よかったんだけれどな。

(なんで絵葉書になってないんだろう…残念。)

 

<公式ページ>

www.mbs.jp

 

f:id:kazenokomichi:20160330113749j:plain

美術館横の疏水の桜は咲き始めでした。

 

f:id:kazenokomichi:20160330113929j:plain

ルノワール展を見たあとは、お天気に誘われて疏水をそぞろ歩き。

 

f:id:kazenokomichi:20160330114015j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20160330114127j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20160330114143j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20160330114200j:plain

疏水のそばでは、

 

f:id:kazenokomichi:20160330114225j:plain

キンクロハジロたちがプカプカと…のどかな風景。

 

f:id:kazenokomichi:20160330114306j:plain

インクラインの桜もほころびはじめでした。

 

関連エントリー

こちらはモネ展の時の様子です。

kyonokomichi.hatenablog.com