読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

法然院、秋の特別公開。

特別公開 御朱印

法然院の特別公開は、毎年春と秋にありますが、その期間が非常に短いのです。

(毎年4月1日〜7日、11月1日〜7日)

短い期間なので、今まで行きそびれていましたが、

今回は思い切って(?)、仕事前にちょこっと立ち寄ってみることにしました。

法然院はその名の通り、法然ゆかりのお寺です。

昭和二十八年に浄土宗より独立、現在は単立宗教法人となっています。

f:id:kazenokomichi:20141108180944j:plain

この山門は今日受けた説明によると、禅宗様式のものだそうです。

浄土宗ゆかりのお寺に禅宗様式の山門というのは興味深い話でした。

 

f:id:kazenokomichi:20141108020636j:plain

そして白砂壇。

ここを通ることにより、心身を清められるとのこと。

 

f:id:kazenokomichi:20141108020038j:plain

そして、中へ。

正面玄関には「祈り 富永成風」が飾られていました。

 

f:id:kazenokomichi:20141108020618j:plain

受付を通り過ぎ、小さなお庭を通り過ぎ、本堂へ。

本堂や方丈など建物の中は撮影禁止、お庭に向かってはOKとのこと。

 

f:id:kazenokomichi:20141108020904j:plain

ここは方丈庭園。

 

f:id:kazenokomichi:20141108021046j:plain

石橋を渡った奥のほうで善気水(ぜんきすい)が涌き出ているらしいです。

 

f:id:kazenokomichi:20141108021028j:plain

 湧き出た水は清らかで澄んでいますね。

 

f:id:kazenokomichi:20141108081857j:plain

池の横には、淡く美しい色の山茶花が咲いていました。

 

f:id:kazenokomichi:20141108082117j:plain

こちらは奥の中庭の様子。

 

f:id:kazenokomichi:20141108082337j:plain

そして椿の庭。

 

f:id:kazenokomichi:20141108082208j:plain

椿の木漏れ日が、

 

f:id:kazenokomichi:20141108082417j:plain

渡り廊下に美しい文様を作り出します。

まるで廊下にお花が咲いたようです。

 

f:id:kazenokomichi:20141108182145j:plain

手水鉢にはさりげなく菊が浮べてありました。

(春の公開のときは、ここに椿が浮かびます。)

 

f:id:kazenokomichi:20141108095233j:plain

大書院前の渡り廊下から、中庭の様子。

 

f:id:kazenokomichi:20141108095359j:plain

渡り廊下からは、本堂の屋根が見えました。

 

f:id:kazenokomichi:20141108082921j:plain

そして、大書院奥の窓からの眺め。

 

f:id:kazenokomichi:20141108083019j:plain

梢の向こうに京都の街並が見えます。

 

f:id:kazenokomichi:20141108095510j:plain

そして、一番奥に、茶室があります。

この茶室がとても落ち着く空間でした。

 

f:id:kazenokomichi:20141108095546j:plain

茶室から。

 

f:id:kazenokomichi:20141108095611j:plain

茶室前の蹲踞も趣がありますね。

 

f:id:kazenokomichi:20141108095852j:plain

今回、40分ほどの参拝時間しかなかったので、サラリとしか見ていません。

もっとじっくりゆっくりと訪れる場所だと思いました。

時間によっては法話も拝聴出来たりするみたいなので、

次回(来春?)は、もっと時間に余裕を持っていきたいです。

 

法然院の御朱印)

f:id:kazenokomichi:20141112004112j:plain

善気山 獅子谷 法然

やっぱり「南無阿弥陀仏」なのですね。

 

(追記)

春の特別公開の様子はこちら♪

kyonokomichi.hatenablog.com