読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

法然院、春の特別公開。-椿の庭-

特別公開

f:id:kazenokomichi:20150410013532j:plain

さて、前回のエントリーの霊鑑寺を出た後、

法然院の「春季伽藍内特別公開」へと参りました。

なんせ特別公開の期間は1週間(4月1日〜7日)と短いのです。

この日(4/4)を逃すと、また来年まで待たねばなりません。

霊鑑寺でゆっくりしすぎたので、出た時にはもう午後3時を回っていました。

時間がないので、恒例の(?)山門の写真も撮らずに、中へ。 ^-^;

白砂壇は桜の模様になっていました。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20150410014009j:plain

手水鉢、本日は桜が添えられていました。

(すみません、慌てて撮ったので、花の色が飛んでますが、^-^;;)

いつのまにか花びらがおちたのでしょう。

まるで、バドミントンのシャトルのようですね…^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20150410000027j:plain

「方丈の庭」。

 

f:id:kazenokomichi:20150410095057j:plain

またもや色が飛んでいますが、^-^; 背の高い桜の樹がありました。

 

f:id:kazenokomichi:20150410000453j:plain

白い可憐な桜ですね♡

 

f:id:kazenokomichi:20150410000118j:plain

桜の足もとには木瓜の花が、緑の庭に色を添えています。

 

f:id:kazenokomichi:20150410000131j:plain

 椿も一輪。

 

f:id:kazenokomichi:20150410105514j:plain

 さて、こちらは椿の庭です。

 

f:id:kazenokomichi:20150410015254j:plain

ここには、「花笠椿」「貴(あて)椿」「五色散椿」と、

三銘椿が植えられています。

 

f:id:kazenokomichi:20150410105529j:plain

 左のピンクの花を咲かせているのが「五色散椿」、右の白い花が「貴椿」。

 

f:id:kazenokomichi:20150410093846j:plain

「貴(あて)椿」

 

f:id:kazenokomichi:20150410093944j:plain

「五色散椿」は花ごと落ちずに、花びらが1枚ずつ散るのだそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20150410093918j:plain

 同じ樹から、濃いピンクのやら、

 

f:id:kazenokomichi:20150410094102j:plain

淡いピンクのやら、

 

f:id:kazenokomichi:20150410000619j:plain

 ちょっと白っぽくてピンクの筋が入っているのやら…

いろんな花があって面白い樹です。

 

f:id:kazenokomichi:20150410000724j:plain

こちらは「花笠椿」

 

f:id:kazenokomichi:20150410094336j:plain

三本の樹の中で、一番花を咲かせています。

 

f:id:kazenokomichi:20150410000706j:plain

こちらも斑入りのものと、

 

f:id:kazenokomichi:20150410000713j:plain

単色のものがありました。

 

f:id:kazenokomichi:20150410095257j:plain

さて、手水鉢いっぱいの椿♪

 

f:id:kazenokomichi:20150410100944j:plain

この鉢いっぱいの椿を見たくて、来たようなものです。

 

f:id:kazenokomichi:20150410001017j:plain

おや? 見事な日光(ジッコウ)椿がありますね。

 

f:id:kazenokomichi:20150410001025j:plain

そして月光(ガッコウ)椿も。

法然院にもこの二つの椿があったのですね。

(でもどこに植わっているのか、場所はわからないです…^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20150410001135j:plain

中庭。

 

f:id:kazenokomichi:20150410001044j:plain

五色散椿(だと思う…^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20150410001108j:plain

美しい椿にうっとり。

 

f:id:kazenokomichi:20150410102444j:plain

芽吹きはじめたもみじ。

 

f:id:kazenokomichi:20150410102438j:plain

帰る頃には門がもう閉まっていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150410104655j:plain

そしてちょうどゴーンという鐘の音が厳かに、

時が止まったかのようなこの白砂壇の上を、まるでさざ波のようにふるわせて

閉門の時を告げたのでした。

 

関連エントリー

kyonokomichi.hatenablog.com

 

kyonokomichi.hatenablog.com