京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

「がんこ高瀬川二条苑」の川床

f:id:kazenokomichi:20220626162136j:image

先週(6/18)の「ブラタモリ」は「京都・鴨川〜川をたどれは京都がわかる!?〜」

という内容だったのですが、その終着地点がこの「がんこ高瀬川二条苑」でした。

 

www.nhk.jp

f:id:kazenokomichi:20220626162122j:image

そう言えば、何年も前にくみちょう (id:Strawberry-parfait)さんとご一緒に

がんこの川床に行ったなぁ…と、懐かしくなって、

記事にしてたかしら?とチェックしてみたら、

何も書いてなかったことに気がつきました、^-^;

というわけで、今更ながらにその時の写真をご紹介したいと思います。


f:id:kazenokomichi:20220626162106j:image

ここはもともとは慶長十六年(1611年)に

豪商 角倉了以がここにお庭を作ったそうです。

高瀬川は彼が私財を投じて作ったものだそうで、

鴨川から高瀬川へと水をひくのに、

ここを作ったのだとか。

その後、山縣有朋の第二無鄰菴になったり、

いろんな著名人や資産家の別邸として受け継がれ、

今に至るらしいです。

私は学生時代、黒岩邸の頃に一度

建物の中に入ったことがあります。

(帯の展示会のお茶汲みバイトで、^-^;

あの時の帯、おそろしくお値段高かったです。)

 

f:id:kazenokomichi:20220626162142j:image

この日は川床を予約していたので、

お庭を経て、床に案内していただきました。

 

f:id:kazenokomichi:20220626162110j:image

 

f:id:kazenokomichi:20220626162057j:image

f:id:kazenokomichi:20220626162038j:image

このお庭を流れる川が高瀬川へとつながります。


f:id:kazenokomichi:20220626162103j:image

川床。


f:id:kazenokomichi:20220626162116j:image

前菜はこんな箱に入ってまいりました。


f:id:kazenokomichi:20220626162054j:image


f:id:kazenokomichi:20220626162129j:image


f:id:kazenokomichi:20220626162041j:image

お造り


f:id:kazenokomichi:20220626162126j:image


f:id:kazenokomichi:20220626162132j:image

冬瓜の冷やし鉢


f:id:kazenokomichi:20220626162146j:image


f:id:kazenokomichi:20220626162139j:image

ゆば鍋


f:id:kazenokomichi:20220626162113j:image


f:id:kazenokomichi:20220626162047j:image


f:id:kazenokomichi:20220626162044j:image

がんこなので、ごはんものは当然お寿司。

このあと確か水物があったと思うのだけれど、写真撮り忘れてる、^-^;


f:id:kazenokomichi:20220626162119j:image

だんだん暮れなずんできました。

このがんこから南のみそそぎ川は、

昭和の時代に川床のために作られたとか。

(鴨川の治水によって、川の中州などがなくなった影響らしい)

当時の京都の人の川床に対する情熱(?)がすごいですね。


f:id:kazenokomichi:20220626162100j:image

夜のお庭。


f:id:kazenokomichi:20220626162050j:image

久しぶりに川床のお食事の写真を見ていたら、

また行きたくなりました。^-^

(この写真は2017年当時のものです。

今はまた内容が違うかもしれませんので、ご了承ください。)

 

gu-takasegawa.gorp.jp

KYOTO GRAPHIE 2022  イザベル・ムチョス×田中泯×山口源兵衛


f:id:kazenokomichi:20220617125830j:image

KYOTO GRAPHIE 2022

もう5月に終わってしまった催しですが、

備忘録としてこちらにアップしておきます。

 

www.kyotographie.jpKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭、今年で10回目を迎えたそうです。

写真祭、いくつもの会場があるのですが、

今回、私が出向いたのは、帯匠「誉田屋源兵衛」さんの会場。

 

写真展も興味あったのだけれど、

何よりもこの建物の中に入ってみたかったのです。

 

 


f:id:kazenokomichi:20220617124056j:image

反物(紙布・泥染14回らしい)

 

f:id:kazenokomichi:20220617124045j:image

奥座敷での展示

イザベル・ムチョスのプラチノタイプという技法による写真

 

f:id:kazenokomichi:20220617124208j:image

紙布の着物

紙を裁断し糸に紡ぎ、紙布を作り、

その上に幾度となく泥染されているそうです。


f:id:kazenokomichi:20220617124002j:image

お庭の様子。


f:id:kazenokomichi:20220617123953j:image

黒蔵


f:id:kazenokomichi:20220617124034j:image

イザベル・ムチョス×田中泯×山口源兵衛


f:id:kazenokomichi:20220617124156j:image


f:id:kazenokomichi:20220617123936j:image



f:id:kazenokomichi:20220617124058j:image


f:id:kazenokomichi:20220617124140j:image
糞掃衣(ふんぞうえ)

糞掃衣の制作は山口源兵衛氏のライフワークなのだそうです。

これは田中泯のために作られたもの。


f:id:kazenokomichi:20220617124112j:image

 

f:id:kazenokomichi:20220617124042j:image

写真を裁断して織られた帯

 

f:id:kazenokomichi:20220617123910j:image

写真を帯にしてふたたび再生するというのがすごかったです、圧巻。


f:id:kazenokomichi:20220617124159j:image

 

f:id:kazenokomichi:20220617123927j:image


f:id:kazenokomichi:20220617123913j:image

f:id:kazenokomichi:20220617124126j:image



f:id:kazenokomichi:20220617123942j:image


f:id:kazenokomichi:20220617124017j:image


f:id:kazenokomichi:20220617123843j:image


f:id:kazenokomichi:20220617123849j:image


f:id:kazenokomichi:20220617124115j:image

今回は、この会場だけしか行けませんでしたが、

来年の写真祭も今から楽しみです。