読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

イングリッシュガーデン ~英国に集う花々~ @京都文化博物館

展覧会

 f:id:kazenokomichi:20160522144328j:plain

三条にある京都文化博物館

 

f:id:kazenokomichi:20160522144648j:plain

今、「イングリッシュガーデン展」が開催されています。

これはロンドンにある世界遺産「Kew(キュー)王立植物園」所蔵の

ボタニカルアートコレクションをもとに植物画や工芸品の展示、

また、ダーウィンをはじめ、

19世紀に世界各地から珍しい植物を集めてきた人たちの軌跡も

展示されています。

 

f:id:kazenokomichi:20160522145600j:plainチケットと植物画の葉書(色鉛筆で彩色出来るようになっています)。

 

f:id:kazenokomichi:20160522145659j:plain

お土産の絵葉書。

 

f:id:kazenokomichi:20160522145729j:plain

中庭には、イングリッシュガーデンが再現されています。

 

f:id:kazenokomichi:20160522150402j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20160522145900j:plain

紫陽花やジキタリスなど♪

 

ー☆ー

f:id:kazenokomichi:20160522150242j:plain

ところかわって、京都府立植物園

この薔薇はガートルート・ジェキル(Gertrude Jekyll)という名です。

 

f:id:kazenokomichi:20160522150332j:plain

イングリッシュガーデン展では、この薔薇の名前のもととなった

ガーデンデザイナーのガートルード・ジーキルの

展示もありました。

彼女についての話は別の薔薇の記事にて書いています。

kazenokomichi.hatenablog.jp

ガートルード・ジーキル - Wikipedia

 

kazenokomichi.hatenablog.jp

f:id:kazenokomichi:20160522150718j:plain

京都府立植物園でのイングリッシュガーデンのコラボ。

ガードルード・ジーキルの色彩によって植物を配置する

という考えが反映されています。

 

f:id:kazenokomichi:20160522145951j:plain

赤の庭。

 

f:id:kazenokomichi:20160522153256j:plain

青の庭。

 

www.bunpaku.or.jp

「イングリッシュ・ガーデン」の展示は6月26日(日)まで。

 

3階では企画展「江戸の植物画」、

2階では「月鉾の名宝」が同時に開催されています。

これはまた別の記事で。