読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

永楽歴代と十七代永楽善五郎展 @ 京都髙島屋にて。

f:id:kazenokomichi:20160424120525j:plain

京都髙島屋で開催中の「永楽歴代と十七代永楽善五郎展」を見てまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20160424120628j:plain

永楽家は京焼きの名門、千家十職のひとつ「土風炉・焼物師」にあたります。

この展覧会では、十代から十七代とその息子さん陽一氏の作品

約250点が並んでいます。

どの作品も美しく、そして雅(みやび)でした。

 

特に印象に残ったのは、十六代の雪月花の皆具。

月や桜の花もいいけれど、何より雪の結晶に魅入られてしまいました。

(雪の結晶の器って、あまり見たことがなかったので印象的だったのかも。)

そして十七代が孫娘さんのためにつくられたという筍の皆具。

かわいく輝くかぐや姫がまるでそこにいるかのような皆具には、

孫娘さんへの愛情が感じられて素敵でした。

 

京都髙島屋での開催は4月25日まで。

その後、4月27日から5月8日まで、大阪の髙島屋で開催されます。

京の雅が堪能出来る展覧会です。