読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

「フェルメールとレンブラント」@京都市美術館 -「水差しを持つ女」と「ベローナ」、そして17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち- 覚え書きと混雑状況

展覧会 紅葉

f:id:kazenokomichi:20151116233248j:plain

京都市美術館で開催中の「フェルメールレンブラント 〜17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち〜」を観に行ってきました。

 

f:id:kazenokomichi:20151116233609j:plain

当初、このフェルメールの絵のチラシを観た時に、

今回の展覧会は

フェルメールレンブラント」onlyの展覧会だと早とちりしたのですが、^-^;

そうじゃなくて、小さぁな文字で書かれていたサブタイトル的な

「17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」がこの展覧会の全体像でした。

もちろん、この展覧会のメインはフェルメールレンブラントでしたけれども。

(にしても、フェルメールレンブラントの文字に比べて、

小さ過ぎやしないかい?^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20151116233956j:plain

展覧会の流れは、

Ⅰ ハールレム、ユトレヒトアムステルダムーオランダ黄金時代の幕開け

Ⅱ オランダ黄金時代

Ⅱ-2 イタリア的風景画家たち

Ⅱ-3 建築画家たち

Ⅱ-4 海洋画家たち

Ⅱ-5 静物画家たち

Ⅱ-6 肖像画家たち

Ⅱ-7 風俗画家たち ←ここでフェルメール「水差しを持つ女」の展示

Ⅲ レンブラントレンブラントレンブラント「ベローナ」展示

Ⅳ オランダ黄金時代の終焉

となっています。

 

覚え書き

これは私の備忘録として書き留めておきます。

 

☆オランダは宗教改革によってプロテスタントとなったため、

  早くから宗教画というジャンルがなくなった。

 

☆風景画は最初はオランダの風景が描かれていたが、

 やはり明るい画風のイタリア的なものが好まれた。

 

☆建築画の流行。

 この建築画、個人的にはなかなか好きだったり♪

 

☆肖像画もオランダは共和制の国だったので、

 貴族でなく裕福な層の人たちの絵が描かれた。

 

☆静物画はどこまでもリアルな果物を。

 

f:id:kazenokomichi:20151117003830j:plain

さて、今回の展示会の主役フェルメールの「水差しを持つ女」は、

柔らかい光に包まれているようでした。

このポスターよりも青はもっと柔らかな青です。

(なんかポスターも絵葉書も色が濃すぎます…)

やっぱりいいな、フェルメール

 

f:id:kazenokomichi:20151117004150j:plain

さて、もうひとつ、この展覧会の主役、レンブラントの「ベローナ」

ベローナとは戦争の女神だそうで、

レンブラントの絵ではメデューサの楯を持っています。

 

お土産

f:id:kazenokomichi:20151117004430j:plain

絵葉書は風景画と建築画と静物画。

 

f:id:kazenokomichi:20151117004518j:plain

そしてお約束の(笑)、フェルメールのクリアファイル。

建築画のクリアファイルも捨てがたかったのですが、

絵葉書を買ったので我慢しました。^-^;

 

開催期間など

f:id:kazenokomichi:20151117010217j:plain

フェルメールレンブラント 〜17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち〜」の

京都市美術館での開催は、2016年1月5日までです。

↓京都展覧会のHP

- 世界劇場の女性 -フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち

 なお、JAFの会員の方は入場券の優待がききますので、

会員証を忘れずにお持ち下さいね。

(当日券1500円→1300円になります。)

 

混雑状況と交通機関について

今のところ、比較的すいているので、

朝一番に行けばゆっくり観ることが出来ると思います。^-^

なお、三条京阪から京都市美術館までの交通ですが、

「岡崎ループバス」が出ています。

kyonokomichi.hatenablog.com

追記で時刻表も載せましたので、

三条京阪方面から来られる方は、参考になさってください。m(_ _)m

ー☆ー

その後の巡回予定

東京:2016.1.14-2016.3.31  森アーツセンターギャラリー

↓詳細はこちら。

www.tbs.co.jp

 

福島:2016.4.6-2016.5.8   福島県立美術館

↓詳細はこちら。

www.rfc.jp

 

ー☆ー

(おまけ)

ルノワール展」予告のポスター

f:id:kazenokomichi:20151117004738j:plain

2016年3月19日から、ルノアール展開催するそうです。

3月1日から5月8日まで、モネ展がありますから、

19日からは、ルノアールとモネ展ふたつが開催されるということですね。

 

関連エントリー

この日のランチはここでした♪

kyonokomichi.hatenablog.com