読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

下鴨神社の大祓、そして大絵馬。

f:id:kazenokomichi:20150101211653j:plain

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

f:id:kazenokomichi:20150101211922j:plain

さて、昨日の大晦日、

 

f:id:kazenokomichi:20150101212039j:plain

下鴨神社に行ってみましたら、ちょうど大祓が執り行われておりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150101214905j:plain

本殿では祭礼中のため、静かに参拝。

大晦日〜初詣の時期はこちらは入り口専用になるようです。

 

f:id:kazenokomichi:20150101212755j:plain

なので、三井社のほうを通って帰ります。

 

f:id:kazenokomichi:20150101213020j:plain

三井社を出たところに、新しく椿が植えられていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150101213050j:plain

「擬雪」という半八重咲きの白色の椿だそうです。

咲くのが楽しみですね。

 

f:id:kazenokomichi:20150101213212j:plain

御手洗川のほうに参りますと、

 

f:id:kazenokomichi:20150101212233j:plain

御手洗川には祓の人形が浮いていました。

きっと祓の儀式で流されたものなのでしょうね。

 

(2015.12.31追記)

f:id:kazenokomichi:20160101001750j:plain

この大祓の人形は一家族三千円のお納めだそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20160101001910j:plain

自分自身の体を撫でお人形に息を吹きかけることによって、

罪穢が人形に移るそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20150101213358j:plain

そして御手洗社の前には何やら三角形の不思議なものが…。

 

f:id:kazenokomichi:20150101213450j:plain

これはそれぞれ十二支を表していたのか…。

(でもどういう意味があるのかは、わかりません。

またこれについては、またの機会に究明したいと思います。)

 

f:id:kazenokomichi:20150101213723j:plain

鏡餅が供えられていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150101213825j:plain

平成二十七年の下鴨神社の大絵馬。

 

f:id:kazenokomichi:20150101214132j:plain

なるほど。この絵馬は「陶淵明」の漢詩の一節を表しているのですね。

 

 

陶淵明 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)

陶淵明 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)

 

 

 

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20150101213949j:plain

「おしるこ」をいただいて帰りました。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20150101214324j:plain

参道はいろんな屋台が並んで、除夜祭が始まるのを待っていました。

 

今週のお題「年末年始の風景」〈今週の一枚

※最初の写真の可愛らしい羊さんは、下鴨神社の干支土鈴。(500円也)

 

関連エントリー

平成28年度「申年」の大絵馬はこちら♪

kyonokomichi.hatenablog.com