読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

霊鑑寺、京都・秋の特別公開。

特別公開 紅葉 御朱印

 f:id:kazenokomichi:20141203085400j:plain

秋の特別公開「円成山霊鑑寺」に行ってまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20141203085405j:plain

ここは臨済宗南禅寺派に属する尼門跡寺院で、

明治維新まで5人の皇女・皇孫が入寺され、別名「谷の御所」と呼ばれています。

 

f:id:kazenokomichi:20141203085414j:plain

この日は朝方まで雨模様でしたが、いいお天気になりました。

 

f:id:kazenokomichi:20141203100444j:plain

紅葉もちょうど見頃です。

この本堂は11代将軍家斉の寄進によって建立されました。

 

f:id:kazenokomichi:20141203120514j:plain

本堂の鬼瓦は十六菊。

 

f:id:kazenokomichi:20141203100812j:plain

本堂にはこちらの石段を登っていきます。

 

f:id:kazenokomichi:20141203101015j:plain

ご本尊は、如意輪観音像。

いただいたパンフレットによれば、

この像は恵心僧都の作で、もともと如意寺のご本尊だったそうです。

南北朝の戦乱で消失し、荒廃、廃絶していたものを、

後水尾天皇がある夜、霊夢によって感得、

この像を本尊として、霊鑑寺を創建されたと伝えられているそう。

(この観音様、私の記憶が正しければ、

たった21センチの小さな観音様だったと思います、^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20141203085459j:plain

光と影。

 

f:id:kazenokomichi:20141203085450j:plain

苔の上には、紅葉と椿が散りばめられて。

 

f:id:kazenokomichi:20141203085557j:plain

 さて、敷き紅葉の石段を登って上にまいりましょう。

 

f:id:kazenokomichi:20141203105106j:plain

大きな葉っぱの紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20141203105314j:plain

さっき吹いた風で落ちた紅葉は、とても鮮やか色で。

 

f:id:kazenokomichi:20141203110021j:plain

大きな紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20141203105451j:plain

紅葉は青空にも映えます。

 

f:id:kazenokomichi:20141203105942j:plain

 紅葉の向こうで、鳶が悠然と旋回していました。

 

f:id:kazenokomichi:20141203110155j:plain

傘と紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20141203110314j:plain

雨で濡れた山茶花

 

f:id:kazenokomichi:20141203110732j:plain

山茶花と紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20141203110112j:plain

青空に向かって。

 

f:id:kazenokomichi:20141203113556j:plain

風が吹いて目の前で紅葉が降り積もりました。

 

f:id:kazenokomichi:20141203113309j:plain

 蹲踞の向こうは紅葉の絨毯。

 

f:id:kazenokomichi:20141203113721j:plain

満天星と千両は相性がいいそうですよ。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20141203114004j:plain

本堂の裏には黄色のもみじ。

 

f:id:kazenokomichi:20141203114312j:plain

書院の前の敷き紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20141203114407j:plain

さて、書院です。

書院は後西天皇の院御所から移築したものだそうで、

狩野永徳や狩野元信作と伝えられる四季花鳥図の襖絵があります。

このパンフレットになっている絵は三の間(一番手前の間)のもの。

一番奥の間(上段の間)の絵の色が日が当たらないせいか、一番鮮明でした。

この襖絵の西には四の間、五の間があって、

五の間は「応挙の間」とあるとおりに、円山応挙水墨画です。

ですが、ここは日が当たるのか、西側の襖はほとんどはげていました。

(でも日があたらないと思われる東側の絵は鮮明でした。)

お日様がいかに絵の保存状態に影響するのかがわかる感じです。

紅葉と狩野派の絵を堪能して、霊鑑寺をあとにしました。

 

 

<御朱印>

f:id:kazenokomichi:20141203120020j:plain

はさまれた紙が菊の御紋でした。

 

関連エントリー

霊鑑寺の敷き紅葉の様子は、

「風の小径」のほうにエントリーしています。m(_ _)m


谷の御所の敷き紅葉♪ - 風の小径

 

(追記)春の特別公開、椿の様子です。

kyonokomichi.hatenablog.com