読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

妙心寺 玉鳳院 拝観 @ 京の冬の旅 非公開文化財特別公開。

妙心寺 @ 京の冬の旅特別公開の続きです。 霊雲院のあと訪れたのは、「玉鳳院」です。 ここは建武4年(1337)に、 花園法皇が伽藍の傍らに建てた山内最古の塔頭寺院で、 無相大師・関山慧玄を開山に迎えたのが始まりです。 玉鳳院の方丈の襖絵は狩野永…

季節限定「丹波栗ぜんざい」と「丹波栗あんみつ」@茶房いせはん

冬になると、善哉が食べたくなります。 今日は相国寺に出かけた帰り、 小腹がすいたので、むしやしないに「茶房いせはん」に立ち寄りました。 季節限定「丹波栗ぜんざい」 丹波栗がごろごろ、たぁんと入っていました。 大納言小豆のおぜんざいは、甘さ控えめ…

「さるや」さんの「申餅(さるもち)」@下鴨神社

下鴨神社南口鳥居の手前西側に、そのお店はあります。 その名も「さるや」さん。 あずき処「宝泉」が出しているお店です。 「さるや」さんには140年ぶりに復元された葵祭の名物 「申餅(さるもち)」が売っています。 お餅はほんのり「はねず色」 「はね…

秋限定「まるとパフェ」と「生茶ゼリイ」♪@中村藤吉京都駅店にて。

京都駅に行ったついでに、スバコの「中村藤吉」へ行って来ました♪ いつも混んでいてスルーするのだけれど、 今回は思い切って(?)並んでみました、^-^; 角を曲がったところで並び始めましたが、 20分ぐらいの待ち時間で入店出来ました。 頼んだのは、秋…

末富さんの主菓子「千代見草」@「一之舩入 un cafe Le Petit Suetomi(あんカフェ ル・プティ・スエトミ)」にて。

更新に少し間があきましたが、^-^; 先日、京都ホテルオークラの「桃李」へ行った後、 少し甘いものが食べたいね…と、言うことで、ホテルの北隣にある、 「一之舩入 un cafe Le Petit Suetomi(あんカフェ ル・プティ・スエトミ)」に 行ってまいりました。 …

茶寮「宝泉」にて、お庭を眺めつつ「わらび餅」をいただく。

少し昼間は蒸し暑かった秋晴れの日、 下鴨神社の本殿公開を参拝したあと、 下鴨にある「茶寮 宝泉」へと、足をのばしました。 冬に訪れた時は、松葉の絨毯だった玄関前のお庭は、 緑色の苔の絨毯でした。 青もみじも美しく。 今日は手前のお部屋に通されまし…

涼やかなお干菓子。

「御所氷室」 先日、「鶴屋吉信」本店に立ち寄った時に、 この「御所氷室」をお土産にお持ちかえりしました。 (「鶴屋吉信」の話が続いていますが、 別に「鶴屋吉信」の回し者ではありません…^-^;) 氷を模したスリコハクに丹波産大納言小豆を散らしたお干…

「京のつめたいもん」

先日、本屋さんに何気なく立ち寄ったら、 この本が置いてありました。 ↓ 京のつめたいもん 作者: ワード 出版社/メーカー: 光村推古書院 発売日: 2012/05/25 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 117回 この商品を含むブログ (5件) を見る まぁ♪ 何と惹か…

甘味@鶴屋吉信の茶寮にて。(追記あり)

少し前ですが、6月の下旬に鶴屋吉信さんの「お休み処」へまいりました。 去年訪れた時は水曜日で、あいにく定休日だったので、今回リベンジ、^-^;; この細い路地を奥へ入り、エレベーターで2階へ。 エレベーターをおりた処。 右手にあるのは「菓遊茶屋」。…

ひめおじゃみ@栗阿彌

かわいい正絹の絞りで出来たおじゃみ。 中をあけたら、おや、おはじきが出てきた♪ おはじきはおはじきでも、食べられるおはじき。 そう、飴ちゃんです。^-^ 懐かしいお味がいたしました。 京都の栗菓子 京菓匠 栗阿彌(りつあみ)ritsuami.com 栗阿彌さんの横…

今日、見かけたポスターから♪

今日、雪景色を求めて、てくてくと歩いていたら、 ふと「京都市広報板」に貼ってあるポスターが目にとまりました。 ↓ 「京都の高等女学校と女学生」ですって。 と、その前にそもそも「京都市学校歴史博物館」なるものがあるんですね。 はじめて知りました。 …

冬季限定「雪餅」@茶寮「宝泉」

初春のある日、下鴨にある茶寮「宝泉」にまいりました。 玄関、そして左側はお菓子の販売もされています。 入り口の前のお庭には松葉が敷き詰められていました。 こちらはお庭の入り口。 落ち着いた日本庭園にほっとします。 入り口に入ると、 白梅の甘い香…

七條甘春堂で、「且座喫茶(しゃざ喫茶)」。

京都国立博物館で「国宝鳥獣戯画と高山寺」展と「京へのいざない」を はしごで観賞した後、少々疲れたので、甘いものを食べて帰ることにしました。 立ち寄ったのは、博物館の西側にある「七條甘春堂」。 京菓匠 七條甘春堂 京・三十三間堂前 京菓匠 七條甘春…

京都宇治総本家 辻利八つ橋

この夏、帰省するときに新幹線のお土産物屋さんで見つけたもの。 それは、この京都宇治総本家「辻利」の八つ橋でした。 八つ橋らしからぬ(失礼)高級そうなパッケージ。 けれど、お値段は540円(税抜き)と、いたって八つ橋値段、^-^; 4個入りが2個組…

抹茶甘味三昧♪

GWの最終日、お天気が良いので宇治の三室戸寺へツツジを見にまいりました。 (三室戸寺のツツジについては「ツツジとシャクナゲが咲くお寺。 - 風の小径」を 参照ください。m(_ _)m) さて、その帰りに「伊藤久右衛門」本店に寄ってパフェを食べようと計画し…

「懐中しるこ」@鶴屋吉信

先日、まめ さんの記事のなか で、 夜更けに美味しいおしるこを作る話が出てくるのですが、 「あれ?おしるこって、”こしあん”じゃなかったっけ?」と、 ずっと関西育ちの私は、ここでまた関東と関西の食文化の違いに気づきました。 私にとってのお汁粉とは…