読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京の小径

京都のローカルな話題の備忘録。

長楽館、クリスマス仕様♪

f:id:kazenokomichi:20161224181213j:plain

こちらは円山公園のそばにある「長楽館」

 

f:id:kazenokomichi:20161224180327j:plain

12月、建物はクリスマス仕様。

 

f:id:kazenokomichi:20161224180458j:plain

建物の中もクリスマス♪

 

f:id:kazenokomichi:20161224180535j:plain

赤とゴールドのリボンのクリスマスツリー♪

 

f:id:kazenokomichi:20161224180618j:plain

夜になると、照明は落とし気味に。

 

f:id:kazenokomichi:20161224180657j:plain

貴婦人の気分で、

 

f:id:kazenokomichi:20161224180807j:plain

オムレットをいただきましょう。

 

f:id:kazenokomichi:20161224181149j:plain

燈籠がアクセント♪

 

12月のはじめに訪れた長楽館です。

長楽館は明治42年に煙草王と呼ばれた村井吉兵衛氏によって建てられた

迎賓館です。

ここでのお茶の時間は、ゆったりとしていて、

普段の生活を忘れて、しばし優雅なひとときを過ごせます。^-^

ちょっと気分がギスギスしている時など、

思いっきりおしゃれして訪れるのもいいかもしれませんね。

 

www.chourakukan.co.jp

 

 みなさま、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごし下さいね♪

Merry Christmas ♪

 

 

 

生誕300年記念「伊藤若冲」-京に生きた画家- @細見美術館

f:id:kazenokomichi:20160706115107j:plain

先日、細見美術館で今開催されている「伊藤若冲」展に行ってまいりました。

細見美術館若冲コレクションを多く持っている美術館です。

また、今回は若冲ゆかりの寺院「宝蔵寺」や「石峰寺」が所蔵する作品や、

弟子たちの作品などの紹介もありました。

水墨画で書かれた群鶏図や花鳥図押絵貼屏風などのほか

目玉はやっぱり「雪中雄鶏図」、そして「糸瓜群虫図」でしょうか。

 

f:id:kazenokomichi:20160706115616j:plain

お土産で買った絵葉書から。

右上の「雪中雄鶏図」の雪の質感は京都の水分を多く含んだ雪が表現されています。

そして「糸瓜群虫図」には11匹の虫が描かれているそうですが、

9匹はすぐに確認出来ますが、

あとの2匹は目を凝らしてみないとどこにいるのか判別つきません。^-^;

下の「鼠婚礼図」は晩年の作品だそうですが、

この愛らしい鼠さんの表情には、今までの作品とは違う

若冲の優しさのようなものを感じました。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20160706120355j:plain

お土産その2。

ポチ袋4種。

各ポチ袋セット、それぞれに3袋は行っています。

左から、糸瓜・南瓜・大根のセット、

カマキリのいるのは冬葵・鳳仙花・玉蜀黍のセット、

そして、紫陽花・未央柳・連翹のセット、

一番右が水葵・未草・花菖蒲のセットです。

どれも捨てがたかったので4種類とも購入。

使うのもったいないかも…^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20160706120925j:plain

今回の展示にはなかったけれど「動植綵絵」の三十幅の絵葉書セットがあったので、

思わず購入(1430円だったかな? これはお買い得。)

↓ちなみに東京の若冲展の様子はこちらに記してます。m(_ _)m

kazenonakanotabi.hatenablog.jp

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20160706121207j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20160706121222j:plain

細見美術館地階の「CAFE CUBE」のパスタセット

 

f:id:kazenokomichi:20160706121408j:plain

細見美術館の「若冲展」は9月4日(日)までです。

生誕300年記念 伊藤若冲 ─京に生きた画家─ | 開催中の展覧会 - 京都 細見美術館